絶対美味しい!カニクリームコロッケの作り方

男の料理
この記事は約11分で読めます。
横浜へ嫁いだ娘から美味しいカニを沢山送ってきたので、カニクリームコロッケを作ってみました。レシピーはネットから美味しそうなものをチョイスしてアレンジ。

カニクリームコロッケの作り方

レシピに記載されている調味料の分量について、砂糖大さじ1、塩小さじ1とか「ひとつまみ」や「少々」って良く書いてありますが、レシピーによっては何グラムや何CCと表示される場合もあります。

料理初心者の方の中には、この曖昧さにつまづいて調味料の分量がよくえからず、料理そのものが嫌になってしまう人もいるそうです。

また、日常的に料理をしている人でも、このふたつが具体的にどのくらいの分量なのかはっきりと知る人は少ないのではないでしょうか。

そこで本題の料理に前に調味料の計量方法について簡単な早見表を作成したみました。

【調味料の重さ早見表::単位g(グラム)】
番号調味料小さじ(5cc/ml)大さじ(15cc/ml)計量カップ(200cc/200ml)
115200
2お米12170
318240
4粗塩15180
5胡椒100
6上砂糖130
7グラニュー砂糖12180
8ザラメ15200
9三温糖13170
10粉糖100
11バター12180
12マーガリン12180
13水あめ21280
14ハチミツ21280
1512180
16牛乳15203
17ヨーグルト15210
1815200
19醤油18236
20お酒15200
21ワイン15200
22みりん18230
23味噌18230
24マヨネーズ12190
25ソース17240
26トマトケチャップ15230
27ベーキングパウダー12150
28重曹15120
29カレー粉80
30小麦粉110
31片栗粉130
32パン粉40
33うまみ調味料12120
34コンソメ110
35ガラスープの素15110
36おろしニンニク15200
37おろししょうが17240
38粉チーズ90

基本的に大さじは小さじに3倍ですが、調味料によっては大さじが小さじの3倍にならないものもあります。

「ひとつまみ」と「少々」とはどの位の量

「ひとつまみ」の意味

親指、人差し指、中指の3本でつまんだ量

〈例〉野菜をゆでる時や、しんなりさせる時の分量ですね。

「少々」の意味

親指と人差し指の2本で軽くつまんだ量。
〈例〉目安として肉や魚に塩をふって下味を付ける時の分量。

なお、「鍋に油を少々」のときは大体大さじ2杯分くらいの量が目安ですね。

「適量」

まさに、適量。好みの量でしょうか?

材料(カニクリームコロッケ12個分)

カニクリームコロッケは難しいと思われがちですが、ベースのホワイトソースのコツさえ覚えれば、なめらかでクリーミなコロッケが作れます。

このホワイトソースがあればいろんなアレンジ料理が作れますので、良かったら挑戦してみてください。

カニクリームコロッケ

  • 1.カニ(ほぐした身)  160g
  • 2.玉ねぎ(みじん切り) 1/2で100g
  • 3.白ワイン 大さじ1杯
  • 4.バター  40g
  • 5.小麦粉  40g
  • 6.牛乳(カニの汁も含む)  350g
  • 7.塩  小さじ1/2杯
  • 8.胡椒  少々
  • 9.とろけるチーズ  20g
  • 10.生クリーム(あれば)  大さじ1
  • 11.サラダ油  大さじ1杯
.

バッタ液

  • a.卵(全卵)  1個
  • b.小麦粉  大さじ3杯
  • c.牛乳  大さじ3杯
  • d.パン粉  適量
  • e.酢  小さじ1/2

作り方

カニクリームコロッケ

1. 具材を炒める。
フライパンに11のサラダ油を適量に入れて熱し、2の玉ねぎを入れて炒める。玉ねぎが透き通ってきたら、1のカニ身を加えて炒め、3の白ワインを加えて水分がなくなるまでよく炒める。
白ワインはカニの臭みを消し、風味の良い美味しいカニクリームコロッケに仕上がります。

玉ねぎとカニ身

2、 ホワイトソースをつる。
鍋に4のバターを入れ、溶けたら一旦火を止めて5の小麦粉を加え、よく混ぜ合わす。クリームコロッケで重要なポイントが、このソースです。再度火にかけ中火で焦がさないよう火加減に注意して、ヘラなどでかき混ぜながら熱を加えていきます。

バターと小麦を炒める

3. 牛乳を加える。
5~6分すると、最初どろっとしたものが、滑らかな液体に変わってきます。
甘い香りがしてきたら6のカニの汁が入った牛乳を3回くらいに分けて加え、少し火を強め、よくかき混ぜ続ける。
とろみがついて、つやが出てきたら火を止める。
牛乳を加えたソース
4. 具材を入れる。
先に炒めた1.の具材と9のとろけるチーズと10の生クリームを加え混ぜ合わせる。
10の生クリームはなくてもいいのですが、さらにつやとクリーミーさを醸しだします。
最後に塩。胡椒で調味して、バットに移します。
粗熱がとれたら成型しやすいように冷蔵庫で1時間位冷やします。
 カニ入りホワイトソース
5.  区画を入れる
冷蔵庫で冷やして固めた具材をヘラなどで12等分しに区切りをいれ成型します。
切れ目カニ入りホワイトソース
6.  成型する。
コロッケの具は手の熱でもすぐに柔らかくなるので、おすすめはスケッパーやヘラです。
スケッパーやヘラで分けた一区画を、二つに折りたたみラップをして冷凍庫で固めます。
そうすることで型が崩れずことなく、手早く衣付けができます。
二つ折りカニクリームソース
7.  衣をつける。
程よく冷凍庫で固まったコロッケの具に衣をつけてます。
本来なら卵、小麦粉、パン粉の順につけますが、今回は型崩れしないよう、事前に作っておいた「バッタ液」にしっかりとくぐらせパン粉をつけていく。
バッタ液に酢を加えているので卵の凝固も早く、コロッケの破裂防止にもなっています。
パン粉をつけているうちに、コロッケの具がやわらかくなるのですばやく形を整えていく。
パン粉付け終わったら必要な分を揚げ、残りは冷凍保存します。
 
8.  揚げる。
コロッケを揚げる注意点として、油の温度は、破裂防止のためしっかり170℃以上~180℃で、たっぷり目の揚げ油にて、きつね色なるまで揚げて完成です。

では、美味しいカニクリームコロッケに挑戦してください。

トマトソース

料材
固形トマトホール缶  400g
玉ねぎ(みじん切り)  30g
人参(みじん切り)  30g
ハム(みじん切り)  30g
ニンニク  5g
バター  20g
オリーブオイル  大さじ1杯

作り方
1.トマトソース】をつくる。
鍋にオリーブ油大さじ1を中火で熱し、にんにくを香りがつくまで炒める。次に玉ねぎ・人参・ハムを軽く炒めたらトマト缶を汁ごとを加える。へらやスプーン等でホールトマトをつぶしながら煮て水分をとばす。
さらにコンソメスープを加えて約5分間煮る。
2. ミキシング
1の材料がある程度冷めたらミキサーで攪拌する。
3. 裏ごし
目の細かいざるで裏ごしして、再び鍋に戻して軽く温め、塩・こしょう各少々で味を調える。
最後にバターを加えて混ぜる。
綺麗なオレンジ色のソースの完成です。

このサイトのテーブルは下記サイトを参考につくりました。

WordPress Cocoonの設定でつまずいた「テーブル設置」

コメント

タイトルとURLをコピーしました